医療の進歩と幸せを考えるということ

医療が進歩をしたことによって、幼い命も救われるようになりました。
出産の際に様々なリスクによって仮死状態で誕生をする子どももいます。
また様々な原因が重なって、在胎週が足りないままで誕生をする子もいます。
昔は失われてしまう命でしたが、最近では医療の進歩もあって命は助かるようになりました。
しかしずっと病院に入院をして自宅に帰ることが出来なかったり、何度も命の危険にさらされ、その度に苦しい思いをするのは子ども本人です。
周りはただ頑張れ、ということしか出来ないかもしれません。
でもその子どもからしたら、どこまで頑張ればいいのか分からない、ということになってしまうでしょう。
それが本当にその子にとっての幸せなのか、親のエゴではないのかということも考えてみるとよいでしょう。
ただ生きていてくれればそれでいい、と考えるかもしれませんが、人として生きていることができるのか、ということまで考える必要はあると思います。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事