人が病気に罹った場合に治すのが医療です

病気と言うのは、気の病と書きますが、その範疇は様々です。
私たちは、身体に何やら異変を感じた場合には、とにかく病院で医師に診察をしてもらいます。
これが医療に関わると言う事になります。
その訳が、病院は身体の異変に関しての専門家と言う事だからです。
しかも、この専門家がいないと人の身体の病を治せないと言う事になります。
身体には様々な異変があります。
自身に起きた異変もあれば、自身意外の他の事から影響を受けた場合の異変や異常もあります。
そして事故や災難、そして被災と言う場合もあります。
それを全て解決に導くと言うのが医療の仕事と言う事になります。
一般的に医療とは、人が病院に脚を運んで治療に専念すると言う場合もありますが、それとは異なり、専門家の手の中で治療に専念すると言う入院があります。
つまりは24時間、医療の下での徹底管理と言う事になります。
その他には、医師が患者様の自宅に赴くと言う場合もあります。
これを医療では往診と言います。